2013年07月24日

ご無沙汰しています。

暑い日晴れが続いたと思ったら、
雨が降り続き、やはり梅雨明けしてなかったのですね雨
皆様体調はいかがですか?
ブログの更新がすっかり遅くなりました。
県内の医療材料供給システムの運用状況についてお伝えします。

県北地域では開業医家と薬局、訪問看護ステーションで連携が取れているところが増えています。
県中地域では一部で定期利用につながっています。
県南・会津・いわき地域ではあまり活発化されていないようです。

医材料の安定的な供給には訪問看護師がシステムを理解し
制度についても関心を持つ必要があります。
皆で研鑽し、在宅の現場を盛り上げていきましょうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


posted by 管理人 at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

記事投稿

投稿テストをしています。
posted by 管理人 at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

医療材料その後・・・

 医療材料供給システムのブログ立ち上がったものの、あまり更新できないまま時間だけ過ぎてしまいました。
 そんな中、昨年12月から東邦薬品が全国展開で医療材料の小分け販売を始めたという情報はちょっとびっくりして次の言葉が出て来ない典美さんと結城でした。
 システムを作っているときにどこか大手の会社で小分け販売をやってくれたらいいね・・と嘆きにちかいボヤキをなんど口にしたことか。それがシステムできて運用して広げていく最中にできるなんて。・・とがっかりしていたら、須賀川の薬剤師さんたちにとっては、あまり衝撃でなかったようでみんなで作ったシステムで今後も動くみたい。そっか、このシステム作る上で私たちが大切にしてきたことは、材料供給は勿論だけど、それだけじゃなくて「地域での連携」だった。
 システム構築する中で、お互いの立場だったり職責だったりを理解する時間は大切な時間でシステムを作る機会が与えられなければ、今の関係は作れなかったと思うと本当に感謝です。
 須賀川だけじゃなく、福島の薬剤師さんは明るくて前向きに地域に向き合おうとしてくれる姿に感動しましたし、会津の薬剤師さんは発展的な考え方を持つとことに学びを受け、いわきの薬剤師さんは原発被害の「広野町までいわきでカバーしたい」と考えていただけてる懐の深さに感動、白河の薬剤師さんはとてもまっすぐに在宅と向き合い、郡山の薬剤師さんは規模が大きい都市だからこそ起こる苦労の中で一歩ずつ前に進もうとしてくれるひた向きな取り組みに感激・・多くの薬剤師さんとの出会いに本当に感謝します。
 そして医療機器販売協会の会長さん、副会長さんにも本当にお世話になりました。
 県中の検討委員会で会長さんがかけてくれた一言があったからシステム構築の大きな一歩が踏み出せました。どんなに心強かったか。本当にありがとうございます。
 今年度いっぱいで、「訪問看護支援事業」としての動きは終了になりますが、このシステムを通してできた、連携は今後もまだまだ深めて行けたらいいなと思いますし、地域で生ききる利用者さんが福島県だからこそ安心して生ききることができるように今後も是非お世話になりたいと思います。
 ・・・あれ、締めのブログみたいになっちゃった。
 来年以降もホームページ継続されますので、たまにまたブログアップしようと思います。
 またお付き合いくださいね。
 
posted by 管理人 at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

在宅医療って難しい?

 昨日、白河の薬剤師さんから電話がありました。
 医療材料供給システム説明会開催後、ずっと悩んでいるけど進まない。
 毎日システムのこと考えています。
 「在宅医療って難しいですね」・・・とのお話。
 三科先生、本当にありがとうございます。
 お願いに伺ったまま、その後の関わり上手く連携できずに失礼しました。
 供給システムを始めるためには、まずは訪問看護ステーションの管理者だけでなく、訪問看護スタッフにしっかり周知することが必須!と連絡協議会で思っています。
 モデル地域の須賀川と白河地区で問題・課題になることは違うと思います。
 在宅医療に携わっている開業医の先生の体制や急性期病院からの退院の体制によって、違うので訪問看護が関わる中で、利用者さんにより良い在宅医療提供するためにどんな医療材料が提供されれば良いのかを察知し、主治医や薬剤師さんと連携できるとその地域ならではのシステムになるのだと思います。
 なので、まずは、訪問看護ステーションへのPRもしっかり頑張りますね。それから地域の薬剤師さんと訪問看護師が、いろんなぶっちゃけ話できるくらいの連携できるようになると良いですよね。推進委員で訪問看護師に自分たちからどんどん困っていることなどを相談するように働きかけてみます。
 
 上手く進まないところからの相談や現地での相談もこれからもお手伝いさせていただきますので、ご連絡ください。
 
posted by 管理人 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

医療材料供給システムブログ始めました。


「訪問看護支援事業」福島県内訪問看護ステーション連絡協議会の目玉事業:医療材料供給システム
今年度いっぱいかけて、福島県内全体に広める予定です。
以前から、FLANホームページ内での医療材料供給システムに関する情報提供の要望がありました。
遅ればせながら、県北担当の連絡協議会副会長:渡部典美さんとシステム推進委員の結城光がモデル地区で始めるにあたって問題になったことや上手くいったこと、各エリアからの質問などをブログにアップしていきますので、facebookと合わせて是非ご覧ください。
 また医療材料供給システムを構築する上で、ポイントとなる「医療材料供給に関する診療報酬請求マニュアル」がもうすぐホームページにアップされます。この内容に関する説明会も11月に実施する予定ですので、是非ご参加くださいね。結城
posted by 管理人 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。